ツーリングレポート:入間白岩林道

TOP > サイクルツーリングレポート > 入間白岩林道

 

入間白岩林道 (2011/10/09走行)




入間白岩林道起点

 入間白岩林道は平成6年に開設された林道で、浅間尾根を藤原峠で乗り越して、北秋川と南秋川の谷筋をぐるっと周回するコースです。

 この林道を走るのは今回が3度目で、最初は2001年4月29日にソロで、次が同年12月16日に総勢13人で走っています。

 今回は自宅を7時半に出発し、いつものように多摩川CR〜日野〜奥多摩街道旧道〜五日市街道と走り、武蔵五日市駅前には9時45分に到着しました。

 やまねこ亭のご主人が外に出てこられたので、ご挨拶して後で立ち寄りますと言って出発し、林道起点に近い藤倉には11時に到着。ここから勾配はやや急になり、入間白岩林道起点には20分ほどで到着しました。

 入間白岩林道は起点から約1.5kmがまだダートが残っており、一休みしてから、念のため熊鈴を自転車に装着して登り始めます。10年前は良く締まった土の路面だったのが、今回は地肌むき出しの結構荒れたダートに変貌しており、乗って登るにはいささかしんどいスタートとなったのでした。


◆ レポート:下線部をクリック

  10月09日(日):自宅〜武蔵五日市〜藤倉〜藤原峠〜数馬下〜武蔵五日市〜八王子〜自宅
 

◆ 走行データ:

  走行区間毎の距離、出発時刻、到着時刻など
  ※ツーリングレポートトップページの一覧表から走行データのMS-EXCEL版ファイルがダウンロード可能です。


 

◆ コース全体図(ルートラボより転載)

以下の画像はルートラボのページにリンクしています。画像をクリックして下さい。

入間白岩林道


TOP > サイクルツーリングレポート > 入間白岩林道

 

inserted by FC2 system