私の相棒:TOEI スポルティーフ(軽量タイプ)

TOP > 私の相棒たち > TOEI スポルティーフ(軽量タイプ)

TOEI スポルティーフ(軽量タイプ)

>> 2007/09/08 納車、2011/09 SRAM仕様に改装 <<


スチールフォーク仕様:約9.4kg


2011年9月にSRAMの駆動系パーツを組み込んだ10速仕様のスポルティーフを組み上げました。もちろん新車ではなく、2007年に組んだ軽量スポルティーフをリニューアルしたものです。

最近は友人のサイクリスト仲間の中にもリヤ10速仕様のツーリング車を作られる方が増えて来ましたが、カンパニョーロやシマノのパーツを採用するパターンがほとんどです。私の自転車もまさにそんな感じで、シュパーブ・サカエ仕様の80年代風ロード以外は、現行カンパ中心にアッセンブルした自転車が4台、シマノ中心が1台となっています。

現在の世界3大コンポーネントと言えば、シマノ、カンパ、そしてSRAMですが、なぜかSRAMを採用したツーリング車は見かけません。

私は以前からSRAMの変速機やダブルタップ機構のシフターに興味がありましたし、SRAMの歴史を遡れば、ドイツのザックスの自転車部門を買収し、更にそのザックスの歴史を遡れば、フランスのユーレを買収しています。すなわち、ユーレは現在のSRAMの変速機の遠いご先祖様ということになります。

ということで、軽量スポルティーフを、SRAMの変速機とダブルタップシフター、チェーンホイール、スプロケットなどを装備した自転車に仕立て直した次第です。

ただし、SRAMは日本国内での価格がやたら高いので、いつものようにイギリスのオンラインショップで調達しましたが、ものによっては価格が国内の半分から3分の1でした。

知り合いのサイクリスト仲間から『いつも同じような自転車ばかり作ってどうするの』と言われてしまうことについては、もう慣れました(苦笑)

なお、改装前の仕様についてはこちらをご覧下さい。


1.パーツ詳細

基本的にはSRAMの駆動系に軽量完組ホイールを組み合わせて、それ以外のパーツも最近のロードバイク用パーツがほとんどです。

(1)ホイール系統

ホイールはアメリカンクラシックのMICRO58(前)/RD-205(後)軽量ハブに、アレックスのR400リム、DTのバテッドスポークで組み上げられている完組ホイールで、ホイール単体重量は前後合わせて1400g強とかなり軽いホイールです。

タイヤはヴェロフレックスのパーヴェ(22C、180g)です。ヴェロフレックスはとてもしなやかで個人的にはとても気に入っているタイヤですが、寿命はやや短めです。

マッドガードは特に変更しておらず、36mm幅の本所半丸タイプを東叡社オリジナルの美しくメッキ仕上げされた松葉ステーで固定しています。

 

 

(2)駆動系統

チェーンホイールはSRAM RIVALの2011年モデルで、中空アルミクランク、50-34Tのコンパクトドライブです。BBシャフトは最近の他社製品と同様、右クランクと一体となっていて、BBシェル外側にベアリングがセットされているGXPとの組み合わせになります。

スプロケットはSRAMのオープングライドというタイプで、トップから6枚のコグそれぞれ1枚の歯を省略することで変速性能を上げようとしています。シマノのような非常に緻密な設計と比べると、なんともおおらかな設計のように感じます。スプロケット歯数は12-26Tです。

チェーンはシマノと互換性があるので、コストパフォーマンスを考慮して、シマノアルテグラにしてみました。

ペダルは片面SPDタイプのシマノPD-A600です。

 

 

(3)変速系統

変速機はSRAM FORCEの2011年モデルに、RIVALのダブルタップシフターの組み合わせです。

リヤ変速機はシングルテンションで、テンションスプリング軸の延長上にテンションプーリーが固定されているあたりに、遠いご先祖様であるユーレの血筋を感じます。シングルテンションという構造上、特にフロントダブルギヤの歯数差はあまり取れないと思います。

デザインは最近のカンパニョーロやシマノとは違った個性があって好みが分かれると思いますが、私個人の感覚では力強さを感じさせるデザインが結構気に入っています。MTBパーツを中心にしてきたSRAMならではというところでしょうか。

ダブルタップシフターはブレーキレバー内側の1本のシフトレバーを大きく動かすとシフトダウン、小さく動かすとシフトアップするという仕組みです。操作に慣れが必要かなと思いましたが、使ってみたらすぐ慣れましたし、予想以上に扱い易いと思いました。
もっとも、長年エルゴパワーを常用してきたせいか、
シフトアップの際、親指がブラケット内側の解除レバーを探しにいくこともまれにありますが。

変速機の性能は巷では色々言われていますが、若い頃に使っていた当時の変速機とは比べものになりませんし、少なくとも私自身の使用状況では、カンパやシマノに比較して明確な差は感じません。ワイヤーセッティングも結構簡単でした。

 

(4)ブレーキ系統

ブレーキ本体は2010年に換装したマビックSSCブレーキです。断面形状が比較的丸いためガードとも接触せず、引きが軽く効きもよいので、当面はこのまま使用する予定です。

ブレーキレバーにもブレーキ本体にもQRはありませんが、タイヤが22Cと細いので、ホイールの脱着に特に支障はありません。

 

 

(5)ハンドル系統

ハンドルバーは最近流行の浅曲がりシャロータイプのデダRHM-02、ステムもデダのZERO-1です。デダのラインナップの中では比較的低価格のものですが、そこそこ軽量です。バーテープはいつものSILVAのコルクタイプです。

10mm厚のコラムスペーサーには、両端に5Mのタップを立てて、右側にはVIVAのチンカンベル、左側にはクイックハブ軸に固定するランプホルダーを取り付けてあります。

ランプホルダーに固定されているのは、キャットアイのランプホルダーと自動車用の携帯電話ホルダーを組み合わせて自作したスマートフォンホルダーです。

 

(6)サドル系統

サドルはセラサンマルコの東日本大震災復興支援プロジェクトのリーガル特別企画モデルです。
サドル中央には「祈り」の文字が、後方には
"I nostri pensieri sono con voi"(私たちの心はあなたと共にあります。)というメッセージがプリントされています。側面のロゴとリベットの一つも日の丸の赤にペイントされています。
収益の一部は東日本大震災の義援金として日本赤十字社に寄付されるとのことです。

シートピラーはVIVAのリッチータイプと呼ばれる普及品で少々重たいのですが、必要な長さに切断したところ200グラムを切ることが出来たので、まあ良しとしましょう。サドルの固定自体はしっかりしています。

 

(7)電装系統

この自転車は基本的に昼間のツーリングを想定していますが、ヘッドライトはやはり必要です。最近は小型でも明るいLEDライトの種類が豊富なので、現在はキャットアイの小型LEDライトをフロントキャリアのランプステーに固定したブラケットに装着しています。

テールライトは台湾製の丸型のものをガードに取り付けていますが、内部にLED回路が組み込まれていて、リフレクター部分を回すことによって、点灯/点滅を選択出来るようになっています。

 

 

(8)その他

私が自転車を作る時の楽しみの一つが、フレームと部品の配色です。機能や性能には関係ありませんし、全くの自己満足でしかありませんが、全体的なまとまり感に大きく影響すると思っています。

今回はSRAMの変速機やチェーンホイール、ホイールがブラック/グレー基調のため、ハンドル回りやサドル回り、ケーブルとバーテープにホワイトとブラックを配色してみました。ブレーキレバーパッドを赤にしたのは、サドル側面の製品ロゴなどの赤と合わせて、アクセントとしたかったためです。


4.フレーム仕様

フレームは2007年に完成した時と特に変化ありませんので、このページでは省略します。詳細はこちらからご覧下さい。


− スペック −
※2011/10現在

フレーム チューブ

カイセイ ニッケルクロームモリブテンチューブ "8630"
 ・クアトロバテッド(0.8-0.5-0.4-0.7/0.8-0.5-0.4-0.8)
 ・28.6 シートチューブ
 ・28.6 トップチューブ(オーバーサイズ)
 ・31.8 ダウンチューブ(オーバーサイズ)

基本仕様

TIG溶接、鍛造ストレートエンド、テクノグライドRDCスレッドレスヘッド小物(1インチITA)、カーボンフォーク(ガード固定用アイレット付き)/フロントキャリア付きスチールフォーク

寸法 シートチューブ:595mm(BB中心〜シートクランプ上端)、トップチューブ:555mm、リヤセンター:420mm、フォークオフセット:45mm、エンド内幅:F100-R130mm
工作 集合ステイ、シートクランプ、リヤブレーキワイヤー内蔵、シフトレバー台座、BB下側プラリード、ボトルケージ台座×2、前後ガード隠し止め
塗装 ブルー+ホワイト胴抜き
ホイール系 完組ホイール ハブ:アメリカンクラシック MICRO58(20H)/RD205(24H)
スポーク:DT コンペティション(2.0/1.8)
リム:アレックス R400(F20H/R24H)
タイヤ ヴェロフレックス パーヴェ(700×22C)
チューブ ビットリア EVO55
マッドガード 本所 半丸 (東叡社オリジナル松葉ステー)
駆動系 チェーンリング SRAM RIVAL(50-34T)
クランク SRAM RIVAL(172.5mm)
ボトムブラケット SRAM GXP
スプロケット SRAM OG-1070(12-13-14-15-16-17-19-21-23-26T)
チェーン シマノ CN-6600(KMCミッシリングリンク接続)
ペダル シマノ PD-A600(片面SPDタイプ)
変速系 フロント変速機 SRAM FORCE
リヤ変速機 SRAM FORCE
アウター グランジ(ホワイト)
ブレーキ ブレーキ本体 マビック SSC
ブレーキレバー SRAM RIVAL(ダブルタップ)
アウター グランジ(ホワイト)
ハンドル ハンドルバー デダ RHM-02(ホワイト 440mm)
ステム デダ ZERO-1(ブラック 100mm)
バーテープ SILVA コルク(ホワイト ブルーロゴ)
サドル サドル サンマルコ リーガル(東日本大震災復興支援限定仕様
シートピラー VIVA リッチータイプ(ブラック 27.0mm)
シートクランプ WOODMAN(アイスグレー)
その他 ポンプ トピーク スピードマスターブラスター
ベル 東京サンエス アヘッドスペーサー取付タイプ
テールライト 台湾製丸形(LED点灯式)
ヘッドライト キャットアイ LEDタイプ(東叡社製フロントキャリアに直付)
ボトルケージ サルサ ステンレス/ミノウラ ペットボトルタイプ
コンピュータ キャットアイ CC-CL200(ブルー ワイヤレス)

 

TOP > 私の相棒たち > TOEI スポルティーフ(軽量タイプ)

 

inserted by FC2 system